« Pavement来日公演詳細 | トップページ | Yeah Yeah Yeahs来日決定 »

2009年11月 3日 (火曜日)

In This Light And On This Evening / Editors

Inthislightandonthisevening 前作のJacknife LeeからFloodにプロデューサを変更した約2年ぶりの3rdアルバム。基本的な方向は継承しながらもエレクトロニクスが強めに導入され、仄かな温かさを感じさせた前作よりも、ヒンヤリした1stへの回帰が感じられる内容。

但し、息が詰まりそうに重苦しい序盤からビートを強めながら開放感を描いた"In This Light And On This Evening"、打ち込みっぽいリズムとシンセサイザーでスペイシーな音場に明暗のスポットを作り上げた"Bricks And Mortar"、さらにシンセサイザーの比重を高めた"Papillon"など方法論は大きく変化。

特に、これまでは「明」の密度の変化によって「暗」を浮かび上がらせるアプローチを取っていたものの、今作は直接「暗」の音を使ってサウンドスケープを描出。そんな即物的な手法のせいか、アウトプットの楽曲スタイルは従来と大きく変わらないにもかかわらず、全体的に深みが足りず、作品としての印象も中途半端。

好きな部類の音だけど、この手の内容だったら、別に彼らの曲を聴く必要はなさそう。

|

« Pavement来日公演詳細 | トップページ | Yeah Yeah Yeahs来日決定 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/46664973

この記事へのトラックバック一覧です: In This Light And On This Evening / Editors:

« Pavement来日公演詳細 | トップページ | Yeah Yeah Yeahs来日決定 »