« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木曜日)

年間ベスト10アルバム

帳尻合わせ感爆発ですが、最後の最後で年間ベストアルバムなんぞを書いておきます。こっちのサイトではコメントも書いていますので、ご興味があればどうぞ。

  1. Yeah So / Slow Club
  2. It's Blitz ! / Yeah Yeah Yeahs
  3. Let's Change The World with Music / Prefab Sprout
  4. Yours Truly, The Commuter / Jason Lytle
  5. My Maudlin Career / Camera Obscura
  6. Veckatimest / Grizzly Bear
  7. West Ryder Pauper Lunatic Asylum / Kasabian
  8. Wilco (The Album) / Wilco
  9. The Resistance / Muse
  10. Technicolor Health / Harlem Shakes

次点はAndrew BirdDovesGomezあたりです。

12月はズッとサボってましたが、来年は音楽を中心にしながらチョコチョコと書いていくようにする予定です。それに伴い、本家Mus!c For The Massesは更新を終了します。これまで、どうもありがとうございました。

それでは、みなさま良いお年を。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水曜日)

Jason Lytleのクリスマスアルバム

今年、質素ながら心に染み入るソロデビューアルバム"Yours Truly, The Commuter"をリリースした元GrandaddyJason Lytleがクリスマスアルバムをリリースしました。

内容はインプロビゼーション感あるピアノのインストゥルメンタルで、このページからフリーでダウンロードできます。

現在、彼は2ndアルバムのレコーディング中とのことで、こちらのリリースも楽しみです。

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日曜日)

The Fountain / Echo & The Bunnymen

Thefountain 前作のHugh Jonesから再びセルフプロデュースに戻った約4年ぶりの10thアルバム。とは言っても、8年前リリースの"Flowers"で見せたサイケデリックな要素や臨界点近辺のような不安定さはなく、前作の安定路線をそのまま押し進めた内容。

若干既聴感はあるものの、意外なほどに瑞々しく、前向きさに溢れた"Think I Need It Too"、さらにテンポを上げ、エネルギッシュなポップロックを聴かせる"Do You Know Who I Am?"、メロディにジャストフィットしたアレンジの好感度が大きな"Proxy"など、これまでのキャリアでも最高レベルにメロディアスな楽曲を連発。

その一方で、前作で僅かに残っていたサイケデリックな側面は耳に馴染みやすいメロディの背後に完璧に隠れてしまい、最早Ian McCullochが歌っているという以外のEcho & The Bunnymenとしての「顔」がなくなってしまったというのが正直な感想。

「あの頃の冷たくて尖った音を出せ」というのが無理なのは仕方ないけれど、円熟味だけが残った強調された今の音は、その足跡さえも薄らいでしまうようで、ちょっぴり寂しい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »